12/15(日)サーキュラーエコノミー「循環型経済」先進国・オランダ視察報告会 〜子どもたちの未来の社会環境を考えよう〜

サーキュラーエコノミー「循環型経済」
先進国・オランダ視察報告会
〜子どもたちの未来の社会環境を考えよう〜

今回のダイアログカフェは、
今、世界の経済活動の最先端をゆく、
サーキュラーエコノミー「循環型経済」
がテーマです

※詳細は上記画像をクリック(外部ページにリンクします)

イベント概要

◆ 日付  2019年12月15日日曜日 10:00〜11:30

◆場所 ひかり市民センター
https://hikarishizuoka.wixsite.com/center
 静岡市葵区古庄3−8−12−101
(駐車場有り)

◆日時・2019年12月15日(日)10:00から11:00
受付9:45〜

◆参加費・500円(当日支払い)

◆定員・10名 *お申し込みが必要です

◆対象者・子育て中の方や教育に関わりのある方

◆お申し込み
当イベントメージにメッセージをいただくか、やまねこくらぶyamanekoedu@gmail.comまでメールをお願いします。
①参加者氏名
②メールアドレス
③お子様連れの場合はお子様の人数と年齢

をご記入の上、お申込みください。
ご不明な点がございましたら上記までご連絡くださいませ。

◆ダイアログカフェ内容
オランダ視察報告会と、
参加者同士の対話

今回のイベントの内容

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やまねこくらぶのスタッフ井上が、
2019年11月、オランダ・アムステルダムの
サーキュラーエコノミー企業の視察
に行ってきましたので、
帰国直後のホットな情報を皆さまに
ご報告します!

サーキュラーエコノミーとは、
例えば「無駄」を「富」に変えるとも
表現されるように、これまで廃棄物と
みなされていたものを資源として捉え、
再活用し、価値あるものに変えて廃棄物
を出さない経済循環の仕組みのことです。

まだ日本では主流ではありませんが、
「持続可能な社会環境」と「大きな経済効果」
が共存するサーキュラーエコノミーは、
ヨーロッパを始めアメリカなどの企業や
投資家に注目され、今世紀最大の
資本主義革命とも言われるほど、
急速に浸透しています。

世界の経済環境が劇的に変化しつつある中、
日本も目指すべき方向として、
循環型経済をつくっていくことは
外せないと考えられます。

子どもたちが大人になるころには、
果たして日本はどのような社会に
なっているでしょうか。

子どもたちの未来にも大いに関係がある
内容ですので、今回のダイアログカフェでは、
当テーマを取り上げることとしました。

視察報告の一例として、食品ロスとして
廃棄される食料を使い、一流シェフが
最高の料理を低価格で提供する「Instock」
について、お話しする予定です。

その他にも、数多くの企業等を視察して
おりますので、お楽しみに!
オランダの教育とも絡めてお話するできたら、
とも考えております。

子育てや教育に関わる方で、
サーキュラーエコノミーの根付いた
社会とはどんな社会なのか、
実際にどういった商品、サービスが
提供されているのか興味のある方、
「何か面白そう!」と思われた方は
ぜひご参加ください。

事前知識はなくてかまいませんのでお気軽に!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『イクミル』は静岡・藤枝・焼津のおすすめ子育てイベントを紹介します!

「子育てを楽しく」する為に静岡・藤枝・焼津の子育てイベントを紹介しています。マルシェ・ワークショップ・自然体験など、子育て支援団体などが主催のイベントを掲載。未就学児の育児をしているお父さん・お母さんに役立つ情報を発信していきます。 イベントに関するお問い合わせは、各団体に直接お問い合わせください。

シェアする

タイトルとURLをコピーしました