10/16(水)楽ちんおんぶとだっこの教室 スリング、へこおびクラス

ママのその抱っこ、大丈夫ですかー?

ママは大丈夫でも、
赤ちゃんは天井向いて寝ていませんか?
赤ちゃんはねじれて抱っこしていませんか?
将来の赤ちゃんの骨格は今から影響を与えます。

赤ちゃんは大丈夫でも、
ママの腰は痛くありませんか?
おんぶで家事がこなせていますか?
我慢して、頑張って抱っこ紐に合わせなくても自分にぴったりの方法が見つかるかもしれません。海外製品の標準体型よりご自分の体が小さいなと思われたらぜひ、布一枚のサイズのない抱っこ紐を体験してみてください。

※詳細は上記画像をクリック(外部ページにリンクします)

イベント概要

■日時  10/16 12:00〜13:30
11:50 受付開始
12:00 講座開始
13:30 講座終了予定

■参加費3000円
※復習受講は1000円です。

■持ち物:Myだっこ紐(使い方チェックします)、ハンドタオル

■対象:マタニティ、新生児~3歳くらい
上の子の参加オッケーです。

今回のイベントの内容

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

4mほどの長さの布、「へこおび」って知っていますか?
今の主流のバックルで止める抱っこひもではできない、昔からの高い位置でのおんぶや、赤ちゃんと密着して心地いい時間を過ごせるだっこができるスグレモノです。

日本の昔からのおんぶは、ママのやること全部見えているのでとても賢く育ちます。そして高い位置におぶうことは腰痛の軽減にもなります。
赤ちゃんにとって抱っこの姿勢は発達に大きな影響を与えています。

ただ背中に赤ちゃんがいれば家事ができる、楽ちんではないこともあります。

へこおびでのおんぶやだっこは目からウロコ!
だっこは抱っこでも赤ちゃんの姿勢や体への重心の取り方を変えるだけでこんなにもママの体への負担は減るのです。赤ちゃんの姿勢がおかしくないかな、自分がその姿勢だったら辛くないかな、と赤ちゃんに寄り添える、見直すきっかけになるはずです。

この会では
だっこの仕方を3通り
①密着が大きいだっこ
②寝かしつけに便利なだっこ
③調整がしやすいだっこ

おんぶを2通り
①昔からのねじねじおんぶ
②おっぱい目立たない!おでかけもできるリボンおんぶ
を練習しています。

抱っこ紐を購入することも可能ですが、購入義務はありません。
使いたいと思った方に使っていただけたらと思います。

申し込みは親子サロン&カフェNostal🌙(ノスタル)まで。

————————————————
親子サロン&カフェNostal🌙
〠424-0829 
静岡市清水区巴町12-5 ミウラビル1F
℡070-2222-0319
🚶‍♂️新清水駅裏口から徒歩1分
✉︎nostal.2014.10@gmail.com
LINE ID→@xeu1408d
https://line.me/R/ti/p/%40xeu1408d

​ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー