10/17(木)【静岡市・葵区】子育てシェアってどう使う?Let’s try!

***1歳以上のお子さんが対象です***

「子育てシェア」を使って自分時間で一息つきませんか?

「1時間でいいからゆっくり買い物したいな」
「ちょっと子どもと離れてお茶したいな」

昨年5月、マークイズでの取り組みがスタートしてから、
ママたちのこんな声をたくさんたくさん聞いてきました。
その声にお応えして2018年11月から月イチ開催中です!

※詳細は上記画像をクリック(外部ページにリンクします)

イベント概要

■申込期限 2019年10月16日(水) 17:00

■参加費 500円(一時間のお預かりワンコインです)

■会場 MARK IS 静岡 一階メインコート付近

今回のイベントの内容

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お預かり前にこの交流会に参加していただき担当のママサポと、
①面談 ②シェア友繋がり ③お願い発信→支援成立
まで、スマホ片手に一緒に行います!
操作がわからなくても自信がなくても一緒にできるので安心です!
ママサポ一人につきお子さま一人を担当いたします。
(兄弟姉妹で二人以上のお預かりを希望する方は
主催ママサポまでメッセージを送って下さい)

<持ち物>
・スマートフォン
 子育てシェアに会員登録してからご参加いただくとスムーズです。
http://asmama.jp/kosodate-share/index.html
・お子さんのお荷物
 オムツや着替え、水分補給のマグなど、いつものお出かけセットで大丈夫!
 お気に入りのオモチャ等もご持参いただけると嬉しいです
 ママサポにそのまま渡せるように、1つにまとめてお持ちください。
 お名前の記入もしておいてくださいね!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<頼る一方、支援する一方でもOK!パパ登録者も急増中!>
・育児と仕事の両立に悩んだり、残業でお迎えが間に合わなくて困ったことはないですか?
・具合が悪くてもリフレッシュしたくても、誰にも頼れず一人で・家族だけで頑張りすぎていませんか?
・子育てをしながらも社会に出たい、働きたいと思ったことはないですか?
・地域で子育て支援をしたいけど何をしていいか迷っていませんか?
・昔みたいに近所で頼り合って助け合って子育てをして、親子ともに笑顔を増やしたいと思いませんか?

AsMama(アズママ)は、
地域の子育て世帯や子育てを支援したい人が交流できる場づくりと、
送迎・託児を顔見知り同士で頼り合えるオンラインのしくみ、
「子育てシェア」の開発・運営をしています。
登録料や仲介手数料も無料。
顔見知りのママ同士が預けたり預かったりするので安心!
1歳以上であれば保険も適用され、さらに安心してご利用いただけます。
https://kosodate-share.asmama.jp

<お願い>
お問い合わせやご質問、お申し込み後のキャンセルは、
主催ママサポの金澤へのメッセージでお知らせいただくか、
もしくはこのイベントページのコメント欄へご記入ください。

=== 主催ママサポ 金澤朱美プロフィール ===
https://kosodate-share.asmama.jp/users/32663
(こちらのURLからメッセージを送信できます。)

静岡市で任意団体ママの部活動で母親支援をしています。
出身は北海道ですが、転勤族で埼玉・姫路・長野を経て、
11年前に静岡市に引っ越してきました。
温暖な気候で山あり海ありの静岡が気に入り土地を購入家を建てたので、
静岡永住です。子どもは、4人います。(社会人2人、高3、中1)
託児の場所や食事のアレルギーなどについての希望は話し合い、
可能な限りお母さんの支援をしたいと思っています。

10:15 ~ 11:45 開催参加者

2人の参加者参加したい10時15分〜10時30分(交流会部分)15分
一階メインコートでママサポと参加者待ち合わせ後、面談、支援依頼
面談時に泣いた時の必殺技を教えてくださいね

10時30分~11時30分 1時間
 お預かりタイム
専用の託児スペースはありません。
館内または、希望があれば屋外にてお預りに出かけることもできます

11時30分 5分〜10分程度
 お引渡しとサポート内容の報告、各自解散

なお、参加人数が一組の場合は開催いたしませんので、ご了承下さい。

前回の子育てシェア会の様子です
最後の方に終了レポートがありますのでご覧下さい

5/23
https://kosodate-share.asmama.jp/events/8472

6/20
https://kosodate-share.asmama.jp/events/8473

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする