9/24(火)お話会『もし浜岡原発で事故が起きたらどうする?』

〜子どもや孫を守るために~
  ( 防災カフェ )

お話し会『もし浜岡原発で事故が起きたらどうする?』
    & 
安定ヨウ素剤の自主配布会

※詳細は上記画像をクリック(外部ページにリンクします)

イベント概要

○日時: 2019 年 9月 24日(火)9:30 ~ 12:00

【スケジュール】
9:30~10:30  原子力防災お話し会
10:30~11:00 シェア会
11:00~12:00 安定ヨウ素剤の自主配布会(希望者のみ)

*安定ヨウ素剤配布会のみの参加希望の方は、11:30にお越しください 

○会場: おむすびごはん家「むすひ」
住所:静岡県藤枝市若王子1 – 1 – 26
   蓮華寺池公園 、郷土博物館側駐車場すぐ近く

○お話し会参加費: ワンドリンク(350円) + ドネーション(カンパ)
*当日受付時にドリンクをご注文ください。
*事前予約制で、蕎麦ランチセット 1,080 円が食べられます (*^^*)

○安定ヨウ素剤: 1 家族 10 錠 500 円 (希望者のみ)
 (大人 13 歳~ 1 回 2 錠
  子供 12 歳時以下~ 1 回 1 錠 ( 月齢毎分割 ) )

○定員:20名 要予約
☆キッズスペースあります。お子様連れでもご参加可能です。

○申し込み・問い合わせ:
080-5112-4153 (三木)
090-3954-6563 (小笠原)
申し込みは、 FB イベントページへの「参加表明」でも可能です。

○話し手:小笠原学
1974 年生 静岡市在住 理学療法士 2児の父親
3.11福島原発事故以降、福島支援活動と原子力防災活動に取り組む。

○共催: うちっちも安定ヨウ素剤配るっち/ まるの輪助産院/ 佐野医院
賛同: Ami 助産院・支援交流『虹っ子』・静岡放射能汚染測定室・福島子ども支援基金・311を忘れない in 静岡
後援:パルシステム静岡・生活クラブ生活協同組合静岡

今回のイベントの内容

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈防災カフェ@むすひ 第三弾! 〉

「電気」のおかげで、画期的な日常生活を送ることができる現代の私たち。その電気を供給している原子力発電。

私たちが住む静岡県にも、浜岡原子力発電所がありますね。
万が一のことがあれば、偏西風と浜風により藤枝市・静岡市まで放射能が飛んでくる恐れがあります。
そんな時どんな対応をしたら良いのでしょう?

3.11以降福島支援活動を継続している小笠原より、万が一の事故に備える原子力防災と保養のお話を伺います。

持続可能な社会、子供たちの未来を考えたときに、大きな疑問が浮かぶ原子力発電。自分たちの身の守り方を考えるとともに、みんなで学び合ってみませんか?

〈説明〉
・安定ヨウ素剤:甲状腺の内部被ばくを防ぐ目的で、服用するお薬です。安定ヨウ素剤の自主配布会は、医師の問診の元、希望者のみに実施します。
・保養:原発事故被災地の家族を招き、自然体験を行う事業です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『イクミル』は静岡・藤枝・焼津のおすすめ子育てイベントを紹介します!

「子育てを楽しく」する為に静岡・藤枝・焼津の子育てイベントを紹介しています。マルシェ・ワークショップ・自然体験など、子育て支援団体などが主催のイベントを掲載。未就学児の育児をしているお父さん・お母さんに役立つ情報を発信していきます。 イベントに関するお問い合わせは、各団体に直接お問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました