2/9(日)福島の今とこれから

福島原発事故から、9年を迎える2020年は、オリンピック・パラリンピック開催を見据え、被災地では、インフラ整備や様々な施設の建設が進み、復興に向かっているかのように思われています。そのような中で、今一番不安視されているのは、幼児期に初期被ばくをし、低線量放射線被ばく地域に住み続けている子どもたちの健康状態です。福島県内の小児甲状腺がん患者数は、全国と比べて数十倍高い患者数となっています。
 講演会では、福島県いわき市でクリニックを併設した市民放射能測定室を立ち上げ、甲状腺検診プロジェクトや健康相談、保養相談等を実施している“認定NPO法人いわき市放射能市民測定室 たらちね”の事務局長・鈴木薫さんをお招きして、福島の『現状とこれから』についてお話ししいただきます

※詳細は上記画像をクリック(外部ページにリンクします)

イベント概要

日 時:2020年2月9日(日)14:00~16:00(13:30開場)
14:00~14:15 福島子ども支援基金 活動紹介
14:15~15:10 たらちねの活動概要紹介 
        8年の経過と現状 
       保養の必要性について
15:20~16:00 パネルディスカッション 
   (鈴木薫さん 福島子ども支援基金:松谷清 小笠原 学)

会 場:あざれあ(男女共同参画センター) 5階 第3会議室  

 ※会場内にキッズスペース設置(託児サービスなし)

参加券:500円 (学生は無料)
学生の方(無料)は、チケットの代わりに学生証などのご提示をお願いします。

今回のイベントの内容

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参加券の取扱い
福島子ども支援基金(下記)まで、お申込み、お問合せください。
参加券の予約は、FBで参加表明・メッセンジャー・FAXで。
参加表明された方は、以下の項目をメッセンジャーでお送りください。

①お名前 ②予約枚数 ③携帯電話番号をお知らせください。
当日、会場受付でチケットをご用意いたします。なお、当日、残席があれば、予約なしでも受付させていただきます。

主催  福島子ども支援基金 
地球ハウス Fax:054-260-5552 
Mail:wakuwaku_shizuoka@yahoo.co.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『イクミル』は静岡・藤枝・焼津のおすすめ子育てイベントを紹介します!

「子育てを楽しく」する為に静岡・藤枝・焼津の子育てイベントを紹介しています。マルシェ・ワークショップ・自然体験など、子育て支援団体などが主催のイベントを掲載。未就学児の育児をしているお父さん・お母さんに役立つ情報を発信していきます。 イベントに関するお問い合わせは、各団体に直接お問い合わせください。

シェアする

タイトルとURLをコピーしました